まろなひび。  折れ耳スコの「まろ」との生活を中心に、ロシアンブルーの「翠」、狆の「政宗」、シーズーの「美々」も含めた日々の出来事を綴っています。
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
たくさんの、ありがとう。
1月11日。今日は私にとって忘れられない日。愛猫「にゃんにゃん」の命日です。
私が幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた彼女。享年18歳と大往生でした。

本日はにゃんにゃんとの出会い、エピソードを書こうと思います。
ここからの話は私が物心つく前のことですので、母から聞いた話となります。

100111-1.jpg

<出会い>
私が一人歩きが出来るようになった頃。自宅の庭に1匹の仔猫が迷い込んできました。
生後3ヶ月程度の仔猫で、その頃から動物好き?だった私は庭に降り、その仔猫を抱っこして家の中に連れてきました。
ですが、母は喘息がありどちらかというと犬派。猫を飼う気は全くなかったそうです。
母は「拾ってきちゃ、ダメよ」と仔猫をすぐに庭に出しますが、私はまた庭に降り仔猫を再度抱き上げ家の中に連れてきました。
そしてまた母が「ダメ」と言い庭に仔猫を出す。でも私がまた庭に降りて…
そんなやり取りを数度。
根負けした母は、ついにその仔猫を飼うことにしました。

<名付け>
結局仔猫を飼うこととなり、仔猫の名前を考えていた両親。
色々と考えていた所…
私「にゃんにゃん!」
仔猫「にゃ~」
小さい頃、猫のことは「猫」と言えなく「にゃんにゃん」と言っていた私。
拾った仔猫のことを「にゃんにゃん、にゃんにゃん」と言っているうちに、仔猫は自分の名前を「にゃんにゃん」と認識してしまったようです。
そうして、仔猫は「にゃんにゃん」という名前になりました。

<仲間を助ける!>
にゃんにゃんとは時には喧嘩をして引っかかれたり齧られたりしながらも(大抵私が悪い)、姉妹として仲良く一緒に成長しました。
それは私が幼稚園位の頃。
風邪を引いた私は、お薬を飲まなければいけませんでした。
でも、そのときはお薬を断固拒否。決して飲もうとはしませんでした。でも、薬は飲まないといけない。
そこで母が取った手段は…。
祖母が暴れる私の手足を押さえつけて、とにかく薬を飲ませる!
そして祖母が私の手足を押さえていたところ、にゃんにゃんはどうやら私がいじめられている!と思ったらしく…
私を押さえていた祖母の足をがぶっ!と噛み、私を逃がしてくれました。
もちろん、にゃんにゃんは怒られ、私は結局捕まり薬を飲む羽目になりましたが、このにゃんにゃんの行動には母も驚いたらしいです。

・・・・・・

<晩年>
その後も、にゃんにゃんとはずっと一緒に過ごしていました。
一緒にいることが当たり前だと思っていましたが、にゃんにゃんが15歳の時。
血尿が出ました。
すぐに獣医に連れて行き…治療がされました。
そのときの獣医でのことは、色々とあり、思う所が多々あったため詳細は省かせて頂きます。
ですがそのときからにゃんにゃんは一気に体調が崩れました。
常にオムツをしていなくてはいけなく、歩き方もよろよろとし始め、自分の寝床で常にじっと寝ている…
ですが、そんな状態になってもにゃんにゃんは私の傍にずっといました。
私が寝床の傍に行くと、寝床からゆっくり起き上がり私の膝の上で丸まって眠る。
そんな彼女が本当に愛しかったです。

そしてにゃんにゃんが18歳の時。彼女は眠るようにゆっくりと息を引き取りました。
彼女のことを思い出すと、今でも涙が出てきます。
でも、今はまろ・翠という新しい家族ができました。
私はもう大丈夫だから、安心してね。

100111-2.jpg

にゃんにゃん、今も、これからもずっと愛しているよ。ありがとう。


♪ランキングに参加しています♪
♪1日1クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 

  人気ブログランキングへ



*大変申し訳ないのですが、現在コメントのお返事を中止しています。ブログをお持ちの方は遊びに行かせて頂きます♪
スポンサーサイト
2010'01'11(Mon)20:05 [ みんな ] CM11. TB0 . TOP ▲
COMMENT


にゃんにゃんちゃん、とっても美人さんですね^^
tomyさんが小さかった頃のお話、
じーんときてしまいました。
にゃんにゃんちゃん、きっと本当の姉妹だと
思っていたんでしょうね^^

うちの娘が大きくなった時、tomyさんの様に
春や麦の事を大切な家族だと思える子に育ってくれたらなって思います。
2010/01/11 20:35  | URL | NKC #- [edit]


18年間ずーっと一緒だったんですね。
本当の姉妹と同じでしたね。
それは、かけがえのない繋がりだったと思います。
とてもいいお話を伺いました。
ありがとうございます。
2010/01/11 20:55  | URL | つるつる #- [edit]


にゃんにゃんとの出会いと別れは
tomyさんの人生とともにあったんですね。
にゃんにゃんは姉妹以上の繋がりだったんだと思います。
翠ちゃんやまろ君ともこんな素敵な関係が
出来ていくんでしょうね。。
2010/01/11 22:13  | URL | hirohiro #- [edit]


にゃんにゃんちゃんですか。
tomyさんを助けるエピソード、天寿を全うした時のお話。やはりネコは我々にとって居なくてはならない存在だとあらためて思いました。私は当初、犬派でうちのクルミが初めての飼い猫です。今、クルミは正に『そばに居てくれる』存在。
なんか色々考えてしまいました。
今もちゃんとtomyさんの中に存在している。
にゃんにゃんちゃんはとても幸せと思っているでしょうね。
2010/01/11 22:32  | URL | クルみつ #- [edit]


素晴らしいお話しです。
動物と人間の理想的な関係じゃないでしょうか?
にゃんにゃんちゃんはtomyさんのことを
命の恩人として親友として心から慕っていたのでしょうね。
18歳とは凄い長寿ではないですか~。
こんな素敵な想い出を残してくれた
にゃんにゃんちゃんに感謝ですね!
2010/01/11 23:48  | URL | やらいちょう #b5.M5V.g [edit]


涙が出てしまいました。
18年という長い時間に言葉には表せない程の素敵な時間があった事でしょう。
にゃんにゃんきっと生まれ変わってまた新しい家族の元で幸せに暮らしているのかな~。
tomyさんを思い出してグルグル喉を鳴らしているんじゃないかな♪

2010/01/12 08:57  | URL | なちゅママ #- [edit]


素敵なお話しですね
ウルウルきちゃいました。

にゃんにゃんは本当に幸せな一生だったんでしょうね。
私も、我が家の猫達とお互い居なくてはなら無い
tomyさんとにゃんにゃんのような関係になれるなりたいな。。。(まだまだ修行が足りないけど)


2010/01/12 10:56  | URL | なおすけ #- [edit]


あー、涙がボトボトと流れてます。
tomyさんとにゃんにゃんちゃんの間の深い
絆に感動です。
にゃんにゃんちゃんもtomyさんと出会えて
幸せだったと思いますよ♪
今もずっとtomyさんの事を見守ってるに
違いない!!


2010/01/12 15:47  | URL | 桃 #- [edit]


にゃんにゃんちゃん、美猫さんですね☆
そして、感動的なお話。
tomyさんと仲良し姉妹のように暮らして
とてもしあわせだったことでしょう!
素敵な関係だったのですねぇ。

私もお祖母様のように、ポポに足噛まれたことありますよー。
嫌がってるツエさんの爪切りしてたら~。
2010/01/12 18:06  | URL | ぷぁるこ #uiF0Ky3U [edit]


tomyさんの心の中の大切な存在なのね。
私にも16年一緒にいてくれた特別な子がいます。
ダブってしまって、涙がこぼれます・・・
切ないけれど、またきっと会えると信じています。
まろちゃん翠ちゃんに癒されているtomyさんを
ニャンニャンは安心してみているでしょう。
良かったわね、二人に出会えて・・・
2010/01/12 20:37  | URL | flanmama #- [edit]


にゃんにゃんちゃんとの出会いからお別れの日までの
お話…ジーンと来てしまいました(T_T)
tomyさんのお膝の上で丸くなって寝ているにゃんにゃんちゃんの姿が
目に浮かびます。
幸せだったにゃんにゃんちゃん、18年間お疲れ様って
声をかけてあげたいです。
2010/01/13 21:48  | URL | さくら #2ykNyDH. [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://marohibi.blog68.fc2.com/tb.php/232-6ad18697
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。